Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

驚くほど髪が変わる!プロが教えるシャンプーのやり方

そのシャンプーのやり方、間違っているかも

なんだか髪質がよくないような…特別なヘアケアも大事ですが、何と言っても日々のシャンプーで髪は大きく変わります。そこで、原宿の人気ヘアサロン「ティエラ」代表の三笠竜哉さんに、正しいシャンプーのやり方を教えてもらいました。

「しっかりとシャンプーした後は、髪がふんわり立ち上がるのを感じられる人も多いです。さらに泡をつけた状態でマッサージを加えれば、頭皮の血行促進、お肌のリフトアップにつながります。すすぎは39~40度のぬるめのお湯でしっかり洗い流しましょう」

ブラッシングからスタート

1.生え際から頭頂部に向けてブラッシングし、頭皮の汚れを浮かします。

2.シャワーで全体をしっかり流しましょう。ここで髪の汚れはほとんど落ちます。

3.シャンプーの適量はボブで1プッシュ、ロングで2プッシュ程度。

4.髪にシャンプーが行き渡りやすいよう、まずは手のひら全体に広げます。

5.シャンプーはえり足から。地肌よりもまずは髪に広げるイメージ。

6.シャンプーをシャカシャカ泡立てながら上へと広げていきます。

指の腹でジグザグに!

7.フェイスラインからトップに向け、指の腹で頭皮をこすって洗います。ジグザグに動かすのがポイント。

8.後頭部も下から上に向かって。ジグザグを描きながら頭皮を洗います。

9.大きい横ラインの動きで、頭皮全体をもう一度こすりましょう。

プロが進める「泡パック」をやってみよう!

【泡パック-1】4本の指の腹で、生え際からトップに向けて強めに押してマッサージ。顔のリフトアップにもつながります。

【泡パック-2】耳上は手のひらで強く押してリフトアップ。ここには太い血管があるので、血行促進につながりますよ。

【泡パック-3】首の後ろは親指の腹でこすりあげるように。マッサージしながら、泡の洗浄成分を浸透させます。

すすぎ残しは頭皮トラブルの原因。しっかりチェック!

10.シャワーでしっかりシャンプーを落とします。目安は1分半~2分半。

11.首回りや生え際は泡が残りやすいのでしっかりすすぎましょう。

12.髪はこすらずに、タオルで包んでギュッと握って水分を取ります。地肌をタオルで軽くこすって水分を取りましょう。洗い上がりはすっきり爽快!

ちょっとしたポイントをおさえれば、いつものシャンプーが毎日のヘアケアになります。手順は多く感じるけれど、慣れれば難しいことはひとつもないので、さっそく今日から始めてみてね。

出典:『大人の旬髪カタログ』(エイ出版社刊)

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load