Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

スマホで簡単チェック!呼吸で今の自分に足りないものがわかる

呼吸の乱れはエレメントバランスの乱れ

インド伝統のスワラヨガの理論では、私達の中にある五大エレメント(地・水・火・空気・霊気)のエネルギーバランスが乱れることで、呼吸も乱れるとされています。

スワラというのは、サンスクリット語で「自分自身の呼吸の音」という意味。生まれた瞬間から意識せずとも響いている「自分の内なるリズム」を知り、それを自然のリズムと調和させることで、心身のバランスを得ると説きます。

何げなく繰り返されている呼吸は、体の変化に応じてさまざまなヒントを教えてくれます。心身がアンバランスになっていると感じた時は、呼吸の状態を一日に何度かチェックしてみましょう。足りないエレメントによって、自分をいたわる方法が見えてきます。

スマホで呼吸チェック

お手持ちのスマホを使って、呼吸の状態をチェックしてみましょう。

1:スマホで呼吸チェック
スマホの画面が黒い状態(スリープまたは電源オフ)で行う。鼻の穴から約2cm下に画面が来るようにセットし、少し強めに鼻から息を吹きかける。

2:左右の息はどっちが大きい?
左の息が大きい人は、副交感神経が優位でいわゆるリラックス状態。反対に、右の息が大きい人は交感神経が優位。緊張、興奮モードになっている。

3:カタチはどのタイプ?
画面に残った呼吸のカタチが、どれに当てはまるが見てみましょう。一瞬で消えてしまうので、注意深くチェック!

◇欠けた月のようなカタチ…「水」タイプ
やや長めの呼吸。家庭を表すエレメントで、くつろぎと自由を与える。

◇逆三角形のようなカタチ…「火」タイプ
浅く力強い呼吸。熱を持ち、心の葛藤を支えてくれる呼吸。

◇正方形のようなカタチ…「地」タイプ
最も深くて長い呼吸。ため息のような役割で安定をもたらす。

◇円のようなカタチ…「空気」タイプ
浅めで左右に広がるような呼吸、力みや緊張が少ない状態。

4:タイプ別でチェック 簡単セルフケア
3で判明したタイプから、自分に必要ないたわり方を取り入れましょう。不足していたエレメントがチャージされ、エネルギーバランスが整ってきます。

◇「水」タイプ

太陽エネルギーを取り入れよう!
火のエネルギーが弱い状態。朝日、または夕日のタイミングで日光浴しましょう。ポイントは直射日光を避けること。本来は、大きなバナナの葉で全身を包むとよいが、なかなか物理的に難しいため、麻や綿などの植物由来のブランケットに身を包むのがオススメ。日差しを浴びるのではなく、【消化】、【浄化】の源になる太陽の熱エネルギーを取り入れることが大切。

◇「火」タイプ

ぬるい湯に全身を浸そう!

火のエネルギーが枯渇している状態。30〜35℃程度のぬるい湯に全身を浸して、できるだけ体を伸ばしてみましょう。特に、股関節は曲げずに両脚をうんと伸ばし、仰向けの状態になれればベスト。銭湯にある寝かせ湯がイメージです。心身の余分な熱が取れ、水が流れるような【自由】の力が内に戻ってきます(体調が優れない時は避けましょう)。

◇「地」タイプ

胸式呼吸を深めよう!

空気のエネルギーが不足気味。クッションやボルスターを上背部の下に敷き、できるだけ胸を大きく開いた姿勢で仰向けになりましょう。吸う息で胸腔を広げ、吐く息ですぼめて胸にたっぷりと呼吸を取り入れます。窓を開けて、風を感じながら行うとベスト。【拡張】と【愛】のエネルギー源である空気のエレメントバランスが、よりいっそう整います。

◇「空気」のタイプ

石に触れてみよう!

地のエネルギーが弱くなっています。最大のおすすめは、一枚岩のように大きな石の上に座る、または立つこと。石がもたらす【安定】と【土台】のエネルギーを、たっぷりと自分の中にも取り入れましょう。身近に大きな石や岩がない場合は、安定感のある石を見つけ頬をのせるだけでも大丈夫。大地に身を委ねる体験が、地のエレメントを整えてくれます。

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.66/「呼吸診断でわかる自分へのいたわり方」
監修:長島千比呂/石垣島在住。精神保健福祉士。インドの伝統あるSiva Raja Yoga を学び現地のスクールで講師を務めた後、現在は東京・横浜・石垣島にてスタジオ「クシャナヨガ」を運営。瞑想や呼吸法、チャネライゼーション、哲学などヨガセラピーの指導にも注力している。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load