Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

美腸になれるフルーツ入り!ヘルシーな手作りマフィンで内側からきれいに♪

ボウル一つで作れるマフィンは、朝ごはんやおやつにもぴったり

ふんわりと盛り上がった形と食べやすさ、味のバリエーションが楽しめるマフィン。難しそうに見えますが、実はボウル一つで作れる簡単お菓子。材料をどんどん入れて混ぜ、紙カップなどに入れてオーブンで焼けば、あっという間に完成します。

そんなマフィンは朝ごはんやおやつにも大活躍!フルーツを入れて作れば、体にやさしいヘルシーメニューに大変身。ここでは、食物繊維やビタミンCの豊富なりんご、食物繊維はもちろん、老化を防ぐビタミンEや不飽和脂肪酸の多いアボカド、二種類のおすすめマフィンを紹介します。

りんごと紅茶のマフィン

香りの強すぎないダージリンの茶葉を合わせてりんごの味を生かします。

【材料】直径6㎝のマフィン型14~15個分
<A>
りんご…2個
無塩バター…大さじ2

<B>
無塩バター…120g
上白糖…110g

卵…1個

<C>
薄力粉…240g
ベーキングパウダー…小さじ1

紅茶の茶葉(ダージリン)…大さじ1

【準備】
・Bのバターは室温において柔らかくする。
・りんごは皮をむいて芯を除き、1㎝角に切る。
・茶葉は乳鉢でするか、包丁で細かく刻んでおく。Cは合わせてふるう。 卵は溶きほぐす。
・オーブンは180℃に温める。型に紙カップをセットする。

【作り方】
1 フライパンを熱し、中火にしてAのバターを入れる。溶けたらりんごを入れ、軽く焦げ目がつくまでソテーし、冷ましておく。
2 ボウルにBを入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまですり混ぜる。卵を数回に分けて加え、そのつどハンドミキサーでよく混ぜる。Cと茶葉を加えてゴムベらで合わせ、粉っぽさがなくなったら、1を加えて混ぜる。
3 2を型に入れ、180℃のオーブンで25~30分焼く。型から取り出し、ケーキクーラーなどにのせて冷ます。
(レシピ:齋藤真紀)

POINT
・茶葉は生地によくなじむように乳鉢でするか、包丁で細かく刻んでから加えます。
・バターで風味よくソテーしたりんごを冷ましてからミックスします。

アボカドマフィン

アボカドを生地とトッピングに使ってグリーン色に!甘さ控えめで、朝食にもなるマフィンです。

【材料】直径6㎝×高さ3㎝のマフィン型12個分
アボカド…1個(正味160g)
レモン汁…少々
プロセスチーズ…40g
牛乳…40ml
無塩バター…110g
砂糖…120g
塩…一つまみ
卵(Lサイズ)…1個

<A>
薄力粉…200g
ベーキングパウダー…小さじ2

【準備】
・アボカドは種と皮を除き、半分は1cm角に切り、レモン汁をかけておく。プロセスチーズは5㎜角に切る。
・Aは合わせてふるう。卵は溶きほぐす。
・オーブンは180℃に温める。型に紙カップをセットする。

【作り方】
1 残りのアボカド半分をボウルに入れてフォークでつぶし、ピュレ状になったら牛乳を加えて混ぜる。
2 別のボウルにバターを入れて泡立て器でよく混ぜる。なめらかなクリーム状になったら、砂糖、塩を加え、全体が白っぽくなるまでさらによく混ぜる。
3 2に卵を3~4回に分けて加え、そのつど泡立て器で混ぜる。1も加えてゴムべらで混ぜ合わせ、Aを加えてさっくりと混ぜ、チーズも加えて混ぜる。
4 3を型にスプーンで均等に入れ、角切りにしたアボカドをのせ、180℃のオーブンで約25分焼く。粗熱が取れたら取り出し、ケーキクーラーなどの上で冷ます。
(レシピ:井上真里恵)

POINT
生地が均一になったら、ゴムべらに持ち替えてアボカドピュレを混ぜ合わせ、粉類を加えて粘りが出ないようさっくりと混ぜます。チーズは中に混ぜ込み、角切りのアボカドは生地に少し押し込むようにのせます。

出典:『スコーン&マフィンレシピ
ライター:YOLO編集部

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load