Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style
  • ランドネ

繊細な動きを実感!寝ている時の骨盤はどうなってるか知ってる?

意外に知らない自分の体のこと

問題です。骨盤のある場所を指してみてください。では、股関節はどこでしょうか?頭はどこまで?わかっているつもりでも本当?と聞かれるとあいまいになってしまう人も多いですよね。体は自分のものなのに、その実態を把握できている人は意外に少ないのです。

今回ご紹介する骨盤調整法は、頭と体の実感の差を埋めることから始まります。思った通りに骨盤が動くか?そう自問しながら動き、その動きをきちんと感じながら、よりスムーズになるように体を動かしていきましょう。

骨盤のパワーが全身に伝わる体を作ろう

寝ている時の骨盤の状態を意識したことはありますか?動作の最初と最後は仰向けになり、なるべく力を抜いて気楽にやってみましょう。

これから行う動作では、骨盤だけを動かして時間を指していきます。最初は大きく12時(頭)、3時(左)、6時(足先)、9時(右)を指す練習。細かい時間を指せるようになればなるほど、骨盤が整い動きやすくなっていくということです。お尻に時計があるイメージでやってみましょう。

◇ヒザで時間を指すエクササイズ

1:仰向けになり、片脚のヒザを立てて骨盤で時間を指していく。3時の方向、9時の方向と、骨盤を左右に動かして時間を指していく。

2:徐々に大きく動かす。骨盤がどのように動くか、動きづらいかを感じながら行おう。反対側の脚でも行う。

◇「骨盤時計」を描くエクササイズ

1:両ヒザを立てた状態で骨盤時計を作っていきましょう。最初は軽く小さく、力を抜いて。12時、6時を指すように、骨盤を何度も動かしてリラックス。

2:その後で、時計の針をいろいろな方向に動かすように回してみる。骨盤と上体の連動を感じてみる。

ライター:幸雅子
出典:『骨盤セルフケア』/「骨盤を意識して動けばシェイプアップも不調解消も簡単!
監修:若狭利男/フェルデンクライスメソッド・プラクショナー。ボディワークや心理術、瞑想などを深め、’00年にフェルデンクライス教師に。日本フェルデンクライス協会理事。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load