Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style
  • ランドネ

ソワソワ、イライラ…。 余裕あるモテ女は知っている呼吸のテクニック

手軽でスピーディな社会に慣れてしまい、少し待たされただけでイライラしたり、無性にソワソワしたりと、日常の些細なことでイラっとしていませんか?

まずは、今の自分の心のようすや行動、体の状況を振り返って、どんな状態にあるか確認してみましょう。

◇心のようす

・心がザワザワして落ち着かない
・ちょっとしたことが気になって心配になる
・些細なことにイラッとする
・一つのことに集中できない
・早口になっている
・何かをする時はいつも急いでいる
・疲れやすい
・胃腸のようすが悪い
・ぐっすり眠れていないと感じる

一つでも思い当たる項目があれば要注意です。

◇呼吸をする時の体のようすをチェック

次に自分の今の呼吸をチェックしてみましょう。仰向けで横になりヒザを曲げ、一方の手を下腹部に、もう一方の手をおへその上あたりに優しく置き、呼吸のペースと体のようすを確認します。

・ゆったりと規則的に息を吐けているか?
・吸う息に合わせてお腹が膨らんでいるか?
・吐く息に合わせてお腹が凹んでいるか?
・呼吸に合わせて肋骨が動いているか?
・みぞおちが硬くなっていないか?

解消するためにヨガセラピーの簡単な動き

自分の心と呼吸の乱れを認識したら、呼吸と動きを合わせる練習をしましょう。呼吸をする時に出るかすかな音に耳を澄ましていると、普段の生活の中でせわしく動き回っているマインド(思考)をつなぎ止めるための助けになります。吸う息と吐く息の間で呼吸を止める時は、呼吸をそのまま続けていくイメージを持ちながら、そっと息を止めるようにしよう。一度呼吸を止めることで、今という瞬間に意識をとどめやすくなります。

①足を腰幅に開いて立つ。足裏に均等に体重をかけて、息を吐きながらつま先に体重をのせてカカトを上げる。それと同時に両手を上げていく。

②腕を上げた時に、肩まわりが緊張する場合は、ヒジを軽く曲げておく。吐く息で腕を下ろし、同時にカカトを地面に下ろす。呼吸に合わせて繰り返す。

形にこだわるのではなく、呼吸に意識を向けていくようにすることで、呼吸が深くなりマインドが落ち着き、いつしか自分の中に余裕が生まれていることに気づけます。

ライター:安藤けいこ
Yogini vol.47「呼吸とポーズをゆっくりと」
監修:赤木香苗/ヨガセラピー指導者、海外ヨガ講師通訳。ダーマ・ミットラー氏に師事し、NYダーマヨガセンターにてRYT200を受ける。さまざまなヨガを学んだ後、クリシュナマチャリア師の教えに基づいたヨガセラピーに出会う。現地で3年半に及ぶトレーニングを終了。現在はホリスティックに人の心と体と生活に向き合った指導を行っている 。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load