Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style

生理中の正しいダイエット方法は?タイミングダイエットで賢く痩せる!

「生理中のダイエットって難しいの?」と悩んでいる女性は多いですよね。

「生理中にダイエットをしたい!」と思っても、女性の体は毎月生理が近づくにしたがい、太りやすくなるしくみになっているため、実は生理中のダイエットは非効率的です。

そのため、ダイエットを成功させるためには生理周期に合わせた痩せやすいタイミングを知ることが大切です。

そこで今回は、生理周期に合わせた痩せやすいタイミングと、タイミングダイエットの方法について、あんしん漢方の医師、木村眞樹子先生に教えてもらいました。

生理の周期によって、痩せやすい時期と痩せにくい時期があるってホント!?

「ダイエットしなきゃ!」という意気込みはあるのに、なぜか食欲が止まらない時期があるなど、ダイエットの結果が出ずに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

なかなか痩せなくて悩んでいる人は、ダイエットのタイミングを間違えている可能性があります。

実は、女性はダイエットに最適な時期があり、痩せやすい時期と痩せにくい時期があるのです。

女性の痩せやすい時期と痩せにくい時期

「ダイエットをしたいのに、生理前から生理中にかけていつも食欲が止まらない!」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

生理前は、女性の体の機能として、妊娠のために栄養をどんどん取り込もうとする時期に入るため、ダイエットには向かない時期なのです。

生理前から生理中にかけては、女性ホルモンのプロゲステロンというホルモンが分泌されます。すると、体は脂肪を蓄えようとしたり、甘いものが欲しくなったりするため、どうしても痩せにくくなってしまいます。

一方、生理が終わってから排卵日までの期間は、女性ホルモンのエストロゲンというホルモンが分泌されます。すると、エストロゲンのはたらきによって代謝が良くなったり、内臓脂肪を減らしやすくなったりなど、ダイエットのサポートになるような動きが起こり、痩せやすい時期に入るといわれているのです。

生理中に気をつけた方がよいこと

生理前から生理中にかけては、どうしても痩せにくい時期になります。この期間は、まずは無理にダイエットをしないほうがいいでしょう。そして、甘いものを食べ過ぎないように意識することが大切です。

甘いものに含まれている砂糖は、過剰に摂取すると体を冷やし、血液をドロドロにして血流を悪くしてしまうといわれています。そのため、さらに脂肪を溜め込みやすくなってしまう可能性があるのです。

生理前から生理中にかけてのおやつは、ヨーグルトやナッツ類などを摂るように意識してみましょう。

ナッツ類の中でもアーモンドは食物繊維も含まれているので、デトックス効果も期待できますよ。

生理周期のタイミングを生かしたダイエット方法

せっかくダイエットをするのであれば、生理周期のタイミングを生かしたダイエット方法がオススメです。

ダイエットのタイミングは、「生理後から排卵日まで」のエストロゲンが分泌される時期が狙い目です。

エストロゲンには脂肪燃焼率をアップさせる効果が期待できるため、筋トレや運動、ファスティングをするのであれば、生理後から排卵期までの時期にチャレンジしましょう。

一方、生理前や生理中はプロゲステロンが多く分泌されるため、体に栄養分や水分を溜め込みがちです。そのため、体がむくみやすくなり痩せにくくなってしまいます。

生理前から生理中の時期は、無理なダイエットをするのではなく、体重を維持しながら、体にストレスをかけないよう過ごすことが大切です。

とくに、生理期間中は基礎体温が低くなるため、血行不良や冷えが起こりやすい時期でもあります。ゆっくり入浴して、体を温めてリラックスした時間を過ごしましょう。

タイミングダイエットをサポートする漢方薬

「タイミングに気をつけてもなかなか痩せない」
「代謝の良い痩せやすい体質になりたい」

そんなダイエットに関しての要望に応えてくれるのが、漢方薬です。

実際に、「肥満」「下半身太り」「内臓脂肪」などの悩みに効果を認められている漢方薬はいくつもあります。

とくに、漢方薬はホルモンバランスの乱れによる不調の改善に高い効果を発揮するでしょう。

自然の生薬を組み合わせて作られる漢方薬は、西洋薬よりも副作用が少ない点も、嬉しいポイントです。

さらに、漢方薬は症状を抑える作用だけでなく、根本改善に対しても効果を発揮します。たとえば、腰痛に漢方薬を使用した場合、痛みを抑えるだけでなく、ストレスから来る交感神経のバランスの崩れや血流の滞り、冷えなどに働きかけるのです。

漢方薬はこのように、根本的な原因の改善を目指します。そのため、漢方薬の服用を続けることで、同じ症状を繰り返さない体質に変えていくこともできるのです。

また、生薬を何種類も組み合わせて作られている漢方薬は、心と体のいくつもの症状に同時にアプローチできます。一般的に使われている薬は化学的に合成されており、限定した症状のみに作用するため、その点も異なりますね。

漢方薬のメリットは、以下の3点です。

  1. 医薬品として効果が認められていますが、自然の素材が体にやさしく働くため、一般的に副作用が少ないといわれている
  2. 一人ひとりの今の症状に合わせて生薬の組み合わせを調節できる、オーダーメイドのような処方が可能であるため、体質に合えば高い効果が期待できる
  3. 生薬にはたくさんの成分が含まれているので、いくつかの症状に対して、一つの漢方薬で対応できることが多い

さらに、バランスの取れた食事や運動を毎日続けることが難しい場合でも、漢方薬であれば症状や体質に合ったものを飲むだけなので、無理なく続けることができるでしょう。

このように、ストレスなく服用できる漢方薬を、日常の不調改善・ダイエットサポートに取り入れてみませんか?

早速試してみたいという方のために、以下にダイエットのサポートとしてよく使われる漢方薬をご紹介します。

生理前に太ってしまう方にオススメの漢方薬

食欲があり、便秘気味で脂肪太りの方

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

体にため込んだ脂肪の代謝を促して、お腹周りの脂肪を分解し、燃焼するように促します。

また、脂質の吸収を抑えて、体内に溜まった不要物を体外へデトックスしてくれます。

生理前のイライラで食べすぎてしまう固太りの方

大柴胡湯(だいさいことう)

ホルモンバランスの乱れによるストレスを軽減させ、自律神経を整えて、気分を落ち着かせてくれます。

体の余分な熱を取り除き、肝のはたらきをよくして、脂質代謝を改善します。

ただし、漢方薬は、その人に最適な生薬の組み合わせでないと効果がないだけではなく、副作用がおこる場合もあります。大切なのは、自分に合った漢方薬を選ぶことです。

最近、話題になっている「あんしん漢方」では、漢方A Iを利用した「オンライン漢方相談」を行っていますので、こうした相談窓口を利用して、専門家に相談してみるといいでしょう。自分に効く漢方と出会いたい、お手頃価格で不調を改善したい、という方にぴったりです。

あんしん漢方

生理周期に合わせたダイエットが大切

女性がダイエットをする時は、生理周期に合わせたダイエットを意識して、痩せやすいタイミングを知ることが大切です。

「生理中にダイエットしても痩せないな…」と思っていた人は、ダイエットを開始するタイミングを『生理が終わった後から排卵期の間』に合わせてみましょう。

また、体の根本から痩せ体質を目指したい時は、漢方薬もオススメです。

漢方薬は、個人の体質や体力などを考慮した上で選んだほうが、効果も出やすくなります。専門家に相談して自分に合った漢方薬を見つけ、体の内側からもケアしていきましょう!

<監修者>
医師 木村眞樹子

医学部を卒業後、循環器内科、内科、睡眠科として臨床に従事。
妊娠、出産を経て、産業医としても活動するなかで、病気にならない身体をつくること、予防医学、未病に関心がうまれ、東洋医学の勉強を始める。
臨床の場でも東洋医学を取り入れることで、治療の幅が広がることを感じ、西洋薬のメリットを活かしつつ漢方の処方も行う。
また、医療機関で患者の病気と向き合うだけでなく、医療には関わる前の人たちに情報を伝えることの重要性を感じ、webメディアで発信も行なっている。

・あんしん漢方(オンラインAI漢方):
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=22133zb0yolo0021
・不調の改善に!無料体質判定はこちら:
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/n/taishitsu/

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load