Brand

  • YOLO
  • 楽園ゴルフ
  • ランドネ
  • RUNNING style
  • MY LIFE RECIPE
  • Yogini
  • トリコガイド
  • NALU

「江の島サスティナブルシーフード」へ行こう。未利⽤⿂をおいしく食べるプロジェクト

海を守る「江の島サスティナブルシーフード」

江の島⽚瀬漁業協同組合/江の島サスティナブルシーフードが、“海の環境を守りたい”、“未来の⼦ども達にも⿂を⾷べ続けてもらいたい”、そして“市場に流通されない⿂の存在を知ってもらいたい”という思いから、「江の島サスティナブルシーフード」を⽴ち上げました。

江の島サスティナブルシーフード

いま、江の島沖の定置網では毎⽇さまざまな⿂が⽔揚げされています。しかし、そのなかには傷があったりサイズが小さかったりすることを理由に、市場で値が付かず流通されない“未利用⿂”が⼀定数含まれています。未利用⿂は、漁師たちによって⾷べられるか、そうでなければ、やむなく捨ててしまわなくてはならないことも多くあるのです。

未利用魚とは?

⾼級⿂>⼤衆⿂>低利⽤⿂・未利⽤⿂
(おかず>練り物>肥料>廃棄)

⼤きさが⾜りないもの

⼩型のイワシ類・サバ・イサキ・ムツなど

消費者受けが悪いもの

シイラ、アイゴ、タカノハダイ、ニザダイ、ボラ他

鮮度保持が難しいもの

トビウオ、ムロアジ、ソウダガツオ、サメ、エイ他

数がまとまらないもの

主役でない雑⿂

江の島サスティナブルシーフードの取り組み

そこで、江の島⽚瀬漁業協同組合/江の島サスティナブルシーフードは、1⼈でも多くの人にこのような状況を知ってもらい、興味を持ってもらうことで、未利⽤⿂をなくしていこうと考えたのです。今後は支援企業や飲食店などと連携し、いっしょに「江の島サスティナブルシーフード」を盛り上げていくとのこと。

イベントでのPR
江の島⽚瀬漁業協同組合で取り組んでいる「江の島フィッシャーマンズマルシェ」や、近隣で⾏われるイベントへ出展し、地域の人々との交流を図り推進する。
地域の飲⾷店や住民へ未利⽤⿂を提供
江の島サスティナブルシーフードを取り扱う飲⾷店や企業に対して、企業社⾷などのレシピ提案も含めた取り組みを⾏なう。
サポート企業との取り組み
本プロジェクトに興味を持った企業、団体からの⽀援を受けてプロジェクトをともに推進していく。
・企業社⾷への提供/イベント時のブース設置/共同取り組みPR/ロゴの使⽤
定期的な情報発信
プロジェクトの活動状況を公式HPやSNS、ニュースリリースで配信。定期的に情報発信を⾏なう。

サスティナブルシーフードを食べてみた!

というわけで、いざ未利用魚をおいしくいただこう!と、梅雨明け間近の江の島へさっそく向かったYOLO編集部。夏の海といえばカレー、焼きそば……もいいですが、せっかく漁港の近くなら新鮮な魚介を味わいたいのが人情ですよね。

江の島西浜海水浴場の海の家「西浜亭」、「江の島ビーチハウス アジト」、「UMI NO RESORT」では、9月5日まで江の島サスティナブルシーフードを食べることができます。心にも体にも、そして地球にもいい新鮮なシーフードの味やいかに!?

美味!期間限定サスティナブルシーフードを実食

今回は、江の島ビーチハウス アジトと西浜亭の江の島サスティナブルシーフードをレポート。このあたりはシラスが名物だと思っていましたが、シラス以外にもいろいろな魚がいるんですね!

江の島ビーチハウス
「江の島漁港のお魚フライカレー」

1000円(税込)
成長の過程で呼び名が変わる出世魚ブリの幼魚「ワカシ」を使ったフライカレー。幼魚といっても20~30cmという大きさのワカシはボリューミーで、ふわふわかつほんのりとした甘みが絶品!定番のタルタルソースはもちろん、カレーにつけてもおいしい最強コンボ。ホロホロとした野菜によってやさしい味に仕上げられたカレーは、ファミリーでも楽しるメニューです。

江の島ビーチハウス
「定置網イワシの梅じそ天ぷら串」

750円(税込)
体に目立つ模様はないものの、目が大きく、発達した眼の脂肪膜によって“うる目”に見えることからウルメイワシと呼ばれているかわいらしい魚の天ぷらがこちら。漁師さんいわく「鮮度管理がとてもむずかしい魚」ですが、新鮮なうちに捌いて揚げることでびっくりするくらい柔らかくふわっふわに!さっぱりとした梅じそ味は、ビールとの相性バツグンです。

西浜亭
「ワカシの煮魚定食」

1300円(税込)
フライと同じワカシが、どーんと一匹煮魚としてセットになった定食も。身がしっかりしていて食べ応えがありますが、ショウガの効いた甘辛味が海で遊んで疲れた体に染み渡り、もう、コレは……(言語化できない)。写真奥に見えるとうもろこしは藤沢市北部の井出農園でとれたもの。甘くて瑞々しいとうもろこしも、夏の味!という感じでおすすめです。

海を大切にしながら、心も体も満たされる体験

私たちの日常には、当たり前のようにたくさんの魚がいます。でも、じつは捕れたうちの半分程度の魚しか市場に出回っておらず、残りは未利用魚なんだとか。そんな話を聞きながらいただくと、味もよりいっそうおいしく感じられるものです。

私たち自身のためにも地球のためにもなる、サスティナブルシーフードをみなさんもぜひ味わってみてください。

江の島サスティナブルシーフード

 

問い合わせ
江の島サスティナブルシーフード運営事務局
TEL. 080-4168-6895(受付時間:平⽇10:00~17:00)

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load