Food

ウワサのMCTオイルも使える♡ダイエット効果も期待大!のバターコーヒーの淹れ方

2019/04/14

ロサンゼルスでは「朝食代わりにバターコーヒー」が合言葉

ロサンゼルスの中でもオシャレなエリアとして知られる、ウェストハリウッド・ロバートソンにあるコーヒーショップ「SUPA COFFEE」。そこでいただけるのがバターコーヒーです。『YOLO』で以前ご紹介した記事をチェックして、注目している人も多いのではないでしょうか?

健康意識の高いLAっ子が愛飲する「バターコーヒー」とは?
https://yolo.style/fo_ei190329_003/

今回はその「SUPA COFFEE」に指南していただいた、バターコーヒーの正しい淹れ方をご紹介!

◇家でも簡単に実践できる「バターコーヒー」の作り方

1:ドリップコーヒーをカップ半分まで注ぐ
SUPAではカップの半分、6オンス(約170ml)のコーヒーを軽量カップに注ぐ。

2:無塩バターを加える
テーブルスプーン(大さじ)1杯程度のバターを入れる。SUPAでは無塩バターを使用。

3:ココナッツオイルを投入する
SUPAでは大さじ4分の1程度のココナッツオイルを入れて風味を出す。液体だと成分が分離しやすくなるため、ココナッツオイルは固形を推奨。家庭で作るならMCTオイルもおすすめ。

4:ハンドミキサーでしっかり泡立てる
ココナッツオイルとバターの調合にハンドミキサーを使用。泡立ったところで残りのコーヒーを注いで完成。

最近ではバターだけでなく、アマニ油やMCTオイルを加える人も増えてきているとか。まずは無塩バターを用意してトライ!プラスしてさまざまなオイルも試してみたいですね。

ライター:幸雅子
出典:『食事&オイルて美トレ』/「アメリカ西海岸発 最旬「美トレ」事情」

RECOMMEND