Health & Beauty

体の中でも温めておきたいのはココ。「ホットな女」になって男性を惹きつける!④

2020/02/18

人は「冷たい」より「温かい」ほうが断然イイ!触感としては心地よさ、安心感を得られるし、感情的には気持ちがほぐれて、癒されますよね。だから目指そうホットな女!をテーマにお送りしているシリーズ第4回目。今回は、ヨガポーズを使った方法をご紹介します。ぜひシリーズでお読みくださいね。

第1回目「習慣」編
https://yolo.style/hb_lo200209_004/
第2回目「呼吸法」編
https://yolo.style/hb_lo200210_004/
第3回目「顔色」編
https://yolo.style/hb_lo200213_004/

体温は場所によって違う

熱っぽいかなと思った時に体温計を取り出して検温する場所は、ワキの下ですよね。でも人のカラダって、全身が常に同じ表面温度ではないことを感じたことがあるでしょうか。

例えば、手のひらの温度と顔の温度。今両手でそっと頬に触れてみてください。もしかしたら同じかもそれないし、意外な違いを感じられるかも。そして、それは常に同様の関係ではなく、さまざまな場面に応じて変化します(ひどく緊張した時には、顔がカッと熱くなるように)。

人間にはホメオスタシス(恒常性)というものが備わっていますので、外的要因など(暑さ寒さなど)によって、さほど大きな変化をするわけではないのですが、バランスを取る目的で小さな変化は起こります。

特にココが温かいといいらしい

話がそれてしまいましたが、全身のどこもかしこもが温かければ、それに越したことはないのかもしれないですが…特にココ!という場所がいくつかあります。

1.背中

男女を問わず、間違いなくここは温かいほうがいいですよね。だって、ハグして背中に手を回した時に、「温かい」、「気持ちいい」って感じられる重要なエリアだから。また、代謝や免疫にかかわる部位だとも言われています。

2.骨盤まわり

理由は背中と同様でもあります(好きな人の背中に回した手を下ろしていった時に、温かさを感じるほうが絶対気持ちいいですよね)が、他の理由としては「体の要になる部分だから」です。カラダのしなやかさやバランスを保つ上で、冷えている状態は好ましくありません。

3.お腹

触れてみて「お腹が冷たい!」って感じる時は、胃腸が疲れているサインかもしれません。免疫力の低下にもつながってしまう恐れがあるので、冷たい飲み物を避け、へそのまわりを手のひらで圧しながらのマッサージもオススメです。

オススメヨガポーズ

◇仰向けで気軽にチャレンジ!「橋のポーズ」

1. 軟らかすぎない場所で仰向けになり(ベッドや布団の上は避けましょう)、両ヒザを立てる。ヒザは腰幅、その真下にカカトがくる位置に調整する。
2. 両腕は体側に添えるような形で下ろしておき、手のひらを下向きにしておく。その場でゆっくり息を吸い、吐きながらお尻と背中を浮かせる。
3. 骨盤、胸の高さを保ち5呼吸キープ。余裕があれば、背中の下で両手を組み、床をぐっと押し、肩甲骨に効かせる。ツラい時には両手でお尻を下から支えてもOK。
4. ゆっくり息を吐きながら背中、お尻と着地させ、両ヒザを抱えて丸くなる(ガス抜きのポーズ)。

※②~④は余裕があれば2セット行いましょう

脂肪の層が厚い部位は、意外にひんやりしているのが常なのですが、だからこそ上記でご紹介した「それほど脂肪が多くない」部位の温かさが際立つというもの。誰かを気持ちよくさせちゃうカラダを目指しましょう!

次回もおすすめヨガポーズのご紹介、まだまだ続きます。

KIE(キエ)
YOGA surya主宰、ヨガインストラクター。少人数制のスタジオレッスンの他、個人レッスン、イベント出展、オンラインレッスンや動画講座でインストラクター活動の他、美容師、鍼灸師、フォトグラファー、メイクアップアーティストとのコラボモデルとしても活動中。また自身も、美と健康の追求に情熱を燃やす。

RECOMMEND