Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

沖縄北部のおすすめ観光スポット|定番、穴場からグルメまで

自然がたくさんあるエリア、沖縄北部では、超人気のスポットである美ら海水族館をはじめ景色のいい場所やお店がたくさん。絶景のビーチはもちろん、お土産を探しに行ってみましょう。

アクティビティ&体験スポットが充実

沖縄の海の神秘を体感「沖縄美ら海水族館」

見どころの多い館内のなかでも、ハイライトは大水槽「黒潮の海」。約70種・1万6000匹を展示しており、なかでも間近で見る全長8.7mのジンベエザメは圧巻です。浅瀬から深海までを再現した館内は、普段なかなか目にすることのない珍しい生き物たちであふれています。

【DATA】
沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)
住所:国頭郡本部町字石川424 海洋博公園内
電話:0980-48-3748
営業時間:8:30~20:00
※10月、11月、12月、1月、2月 ~18:30
※入館はともに閉館の1時間前まで
定休日:12月第1水曜日とその翌日
URL:https://churaumi.okinawa/

自然の中で沖縄を体験する「今帰仁の里 あいあい手作りファーム」

沖縄で一般的に使われる「島豆腐」は、木綿豆腐よりも固いので、チャンプルーなどの炒め料理にはピッタリ。大豆は15時間水に浸すことで、2倍の大きさにもなります。
施設内では、豆腐づくり専用の部屋を完備。手づくのかわいらしい看板が目印です。
一面に広がる有機無農薬の野菜農園。オクラや大根などの野菜。台風や水不足などの自然災害とも向き合いながら育てています。

自然あふれる沖縄の北部、今帰仁にある体験施設。農業体験やものづくり体験、沖縄そばづくりなどが楽しめます。その他、レストランやカフェなども併設されており、人気なのが、沖縄の島豆腐づくり体験。自分でつくり、出来たてを食べるという体験を味わえるため「食育」としても注目されており、小さな子どもも楽しむことができます。体験用エプロンも用意されているので、手ぶらで参加できますよ(参加には予約が必要です)。

【DATA】
今帰仁の里 あいあい手作りファーム(なきじんのさと あいあいてづくりファーム)
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村湧川369
電話:0980-51-5111
営業時間:10:00~、13:30~の2部開催
定休日:水曜日
URL:http://happy-aiaifarm.com/

新感覚トロピカルパーク「OKINAWA フルーツらんど」

ヤシの木に囲まれた、トロピカルカラーの大きな鳥の看板が目印。体験!探検!発見!が味わえるテーマパークです。
物語に沿って進んでいく、見て、触れる、体験型のトロピカルアドベンチャー。謎を解いて、王さまを助け出す物語は、子どもも大人も楽しめます。木の妖精の家や、地面には大きな足跡、巨人の石碑などフルーツ王国の世界へどんどん引き込まれていきますよ。
いろんな鳥たちと出会えるバードゾーン。カラフルな大型インコのベニコンゴウインコやルリコンゴウインコなどが自由に飛び回っています。大型で一見コワそうですが、とてもおとなしいインコたち。「バードゾーン」内に「保護鳥施設」も併設しているので、絶滅危惧種の野生鳥にも会えます!
園内で一番広いフルーツゾーン。南国特有の熱帯果樹があたり一面に生い茂り、周囲はフルーツのあま〜い匂いでいっぱい! 年中重そうに実をつけたパパイヤ、バナナ。季節ごとに実をつけるグァバ、マンゴー。世界最大の果物パラミツなど、熱帯果樹は全部でなんと30種類以上。
マンゴーやドラゴンフルーツなど、沖縄ならではの亜熱帯果実を使用したスイーツメニューが豊富。コラーゲン入りのフレッシュなフルーツジュースや、旬のフルーツをぜいたくに焼いたフルーツスイーツ。カフェの外には開放感あふれるテラスもあり、カフェだけの使用もできます。
日本最大の蝶・オオゴマダラが舞うチョウゾーン。オオゴマダラが優雅にゆっくりと舞う空間は幻想的。 暖かい地方でないと育てるのが難しく、常に一定の暖かさを保てるようにしています。赤い色やいい香りのする香水が好きなオオゴマダラは赤い帽子や洋服だとゆっくり集まってくるとか。

全天候型亜熱帯体験ができるテーマパーク。「フルーツゾーン」、「チョウゾーン」、「バードゾーン」など各エリアに分かれていて、豊かな太陽の恵みを受けた果樹や日本最大の蝶・オオゴマダラ、色鮮やかな鳥たちによる亜熱帯気分を満喫できます。園内一周の所要時間は約40分。雨の日でも見学可能なのが嬉しいですよね。ショッピングやフルーツたっぷりのスイーツが楽しめるレストラン施設も充実。子どもから大人まで、まるで別世界にきたような体験が味わえます。

【DATA】
OKINAWA フルーツらんど(オキナワフルーツらんど)
住所:沖縄県名護市字為又1220-71
電話:0980-52-1568
営業時間:9:00~18:00
※最終入場閉館15分前
定休日:無
URL:http://www.okinawa-fruitsland.com/

北部は絶景だらけ!他にはない景色のビーチも

トレッキングならここ!「比地大滝」

深呼吸して、マイナスイオンに癒されましょう。

本島最大級の大滝。キャンプ場を起点に片道40分。遊歩道は舗装されているので、初心者でも歩きやすいですよ。

【DATA】
比地大滝(ひじおおたき)
住所:沖縄県国頭村字比地781-1
電話:0980-41-3636(比地大滝キャンプ場)
営業時間:16:00最終入場。閉門18:00
※11月、12月7、1月、2月、3月 15:00最終入場。閉門17:30
定休日:無
※悪天候時は閉鎖の場合があります
URL:https://hiji.yuiyui-k.jp/

雄大で美麗。県内有数の景勝地「万座毛」

険しい断崖絶壁とコバルトブルーの海を見わたせる絶景ポイント。空と海との境界線に地球の一角を感じさせられます。象の鼻のように見えるのもなんとも不思議ですね。
万座毛の遊歩道は、ゆっくり歩いても20〜30分。隆起したサンゴ礁のダイナミックな景観と青い大海原のコントラストが素晴らしいです。視界に広がる雄大さを感じましょう。

沖縄本島のほぼ中央に位置する沖縄海岸国定公園。その名前は18世紀、琉球王国の尚敬王が「万人が座するに足る毛(野原)」と評したことに由来するといわれています。象の鼻のかたちの岩が特徴的で隆起サンゴの断崖絶壁から望む東シナ海の景色は雄大で美しく、とりわけサンセットは是が非でも見たい絶景ですね。

【DATA】
万座毛(まんざもう)
住所:沖縄県国頭郡恩納村恩納

新名所ハートロックがお目見え「ティーヌ浜」

古宇利島の北側に位置し、舗装されていない道を進むとそこには美しい砂浜と、なんともキュートなハート形の岩が現れます。この岩が重なってひとつに見える場所から望めば恋愛運が上がるといわれ、いまや恋愛成就祈願の新名所に。「ハートロックビーチ」と呼ばれています。

【DATA】
ティーヌ浜(ティーヌはま)
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
電話:0980-56-1057(今帰仁村観光協会)

透明度の高い砂浜でのんびりしたい「トケイ浜」

ティーヌ浜の近くにあるビーチで、その透明度の高さにはファンも多く、さらにトケイ浜一帯の海岸には、円形にぽっかりと穴の空いた岩がいくつか見られます。これは「円筒状空洞地形」という名前の大変珍しい岩で、世界的にも貴重な自然景観を呈しています。

【DATA】
トケイ浜(トケイはま)
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
電話:0980-56-1057(今帰仁村観光協会)

樹齢300年の木も!「備瀬のフクギ並木」

家と人々を海からの強い風から守るため、防風林として立てられました。その数、約2万本以上も。その中には樹齢約300年の木もあるみたいです。近くに広がる備瀬の集落は数百年の伝統があるといわれており、琉球文化が生活の中に色濃く残っています。時期によっては、水牛のフクちゃんが並木を案内してくれることも。

【DATA】
備瀬のフクギ並木(びせのフクギなみき)
住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬
電話:0980-47-2700(本部町役場商工観光課)

目の前に広がる美しき海「エメラルドビーチ」

「憩いの浜」、「眺めの浜」、「遊びの浜」に分かれているビーチは、コーラルサンドが敷き詰められており安心。「快水浴場百選」に選出されています。監視員が常駐、トイレやシャワーも完備で嬉しいですね。
サンセットも息をのむほどの絶景ですね。ビーチの場所は海洋博公園の中。

海洋博公園内、Y字形の美しいビーチは「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」があり、珍しい礁湖(ラグーン)内に。水質は最もよいと認められ、「水浴場88選」や「快水浴場百選」に認定されています。水族館から遊覧車で行くのがオススメ。

【DATA】
エメラルドビーチ
住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424
※海洋博公園内
電話:0980-48-2741
営業時間:4月~9月は8:30~19:00
10月~3月は8:30~17:30
定休日:12月第1水曜日とその翌日
URL:http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/75

本島から瀬底島への玄関口「瀬底大橋」

瀬底島と沖縄本島を結ぶ、762mの橋。瀨底島は周囲が約8kmと小さい島なので、ドライブコースにはおすすめです。橋の片側には歩道があり、散策も楽しめるところが嬉しいですよね。ちなみに橋の下にある瀬底ビーチは人気の高いビーチなので、時間をつくってぜひ行ってみたいところです。

【DATA】
瀬底大橋(せそこおおはし)
住所:沖縄県国頭郡本部町健堅
電話:0980-47-3641(もとぶ町観光協会)

琉球神話の国づくり伝説を感じられる聖地「大石林山」

約2億年前の石灰岩が浸食されてできた「熱帯カルスト地形」の中では世界最北端に位置しています。

ヤンバルクイナなどの貴重な動物が生息する沖縄北部の国頭村は、“東洋のガラパゴス” ともたとえられます。大石林山がある「安須杜(あしむい)」は、琉球神話で祖神「アマミキヨ」が最初につくったといわれる聖地。琉球王朝時代には、国の繁栄を祈った場所として知られています。施設内の4つのコースは、いずれも数十分で回れます。

【DATA】
大石林山(だいせきりんざん)
住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
電話:0980-41-8117
営業時間:9:00~17:00
※10月、11月、12月、1月、2月、3月 ~16:00
定休日:無
※悪天候の場合は閉鎖の場合があります
URL:https://www.sekirinzan.com/

ローカル色豊かなショッピング&お土産探しを楽しもう

国頭にこだわった商品がズラリ「道の駅 ゆいゆい国頭 ふるさと市」

地元産にこだわっているので、この土地ならではの特産物が手に入るのがうれしいですね。旅の最終日に買えば、家でも沖縄料理が楽しめます。

地元、国頭村にこだわり、国頭の特産物を取り扱う直売所。野菜や果物はもちろん、地元の洋菓子店と共同でつくり上げたクニガミドーナツなども人気です。

【DATA】
道の駅 ゆいゆい国頭 ふるさと市(みちのえき ゆいゆいくにがみ ふるさといち)
住所:沖縄県国頭郡国頭村奥間1605
電話:0980-41-5555
営業時間:9:00~17:30
※特産品売場は〜18:00
定休日:無
URL:https://www.yuiyui-k.jp/

島ならではのお土産をゲット「伊江島物産センター」

ボトルもかわいい、イエソーダ。
店内には伊江島に関するお土産が並んでいます。

伊江島産サトウキビで造るラム酒や、伊江島の湧水を使用したイエソーダなど伊江島のおいしい特産品や、可愛いと評判のお土産が豊富に揃う港内にある販売所です。

【DATA】
伊江島物産センター(いえじまぶっさんセンター)
住所:国頭郡伊江村字川平519-3 伊江港ターミナル1F
電話:0980-49-5555
営業時間:7:00~16:00
定休日:無
URL:http://www.ie-mono.com/

店の個性あふれるローカル市場「もとぶ町営市場」

さすが港町、新鮮な魚がズラリと!
青果、精肉、食堂、衣料品などさまざまなショップが軒を連ねています。

漁業と農業がさかんな本部町。新鮮な海の幸、山の幸が一堂に会しています。毎月第3日曜の10〜16時頃に開催される「もとぶ手作り市」では、農家直売の野菜やおしゃれな雑貨などが並び、多くの人で賑わっていますよ。

【DATA】
もとぶ町営市場(もとぶちょうえいいちば)
住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地4
電話:0980-47-2700(本部町役場商工観光課)
営業時間:店舗により異なります
URL:http://motobu.main.jp/

※掲載内容は2017年3月取材時のものです

出典

Share

Profile

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load