Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

日本の西の果て、与那国島のおすすめスポット8選!海底遺跡やグルメなどを満喫

日本の西の果て、与那国島ではここならではの自然とご対面。せっかくなので、全部見ておきたい!
地上から海中景色まで、魅力にあふれる島なのです。

世界最大級の蛾、ヨナグニサン「ヨナグニサン自然ふれあい広場アヤミハビル館」

ヨナグニサンは地元でアヤミハビルと呼ばれるヤママユガの仲間。翅を広げると24cmで、世界最大級。ここではヨナグニサンの生態を研究・展示し、飼育を行っています。

【DATA】
住所:八重山郡与那国町字与那国2114
電話:0980-87-2440
営業時間:10〜16時(火曜、祝日定休、慰霊の日、年末年始休)
料金:入館料大人¥500、子ども¥300

絶壁の上から丸い水平線を望む「東崎」

東崎_1
広大な自然を全身で感じてみませんか?
東崎2
草を食むヨナグニウマ越しに見る灯台も美しい

東牧場の中にある岬には灯台と展望台があり、絶壁の上の展望台からは、パノラマの海景色が爽快です。眼下にはウブドゥマイ浜の白い砂浜も広がっています。条件がよければ八重山諸島が望めることも。丸い水平線を眺めれば、地球の丸さが体感できるはず。

【DATA】
●あがりざき
住所:八重山郡与那国町字与那国
電話:0980-87-2402(与那国町観光協会)

珊瑚の隆起でできた巨大岩山「ティンダバナ」

ティンダバナ1
左は巨大な岸壁、右は断崖からの景観が広がっています

ティンダバナ_2
細い道を上ると岩がオーバーハングしているところもあります

高さ85mの自然の展望台。珊瑚礁の隆起と浸食で出来た巨大な岩山。頂上付近の侵食洞が自然の展望台になっていて、祖納集落と海を一望できます。湧き水をたたえた水場も。15世紀末、与那国島の女性首長「サンアイ・イソバ」の居城だったとされています。

【DATA】
住所:八重山郡与那国町字与那国
電話:0980-87-2402(与那国町観光協会)

絶壁の先に紺碧の海「馬鼻崎」

馬鼻崎_1
ナイフで切り取ったような断崖が馬の鼻先のように見えます

馬鼻崎2
岬の隣のモニュメント。ドラマ『Dr.コトー診療所』にも登場していました

馬鼻崎3
ヨナグニウマの群れも至るところにいます

与那国空港の北西に位置する岬。断崖の上から、底まで見えるくらいの澄んだ海が望めます。入り口以外に看板はありませんが、岬の隣にある3つの石のモニュメントが目印。車道が整備されていないので、通常のレンタカーでは入れません。車を入り口に止めて歩くか、地元の人に案内してもらいましょう。

【DATA】
●うまばなさき
電話:0980-87-2402(与那国町観光協会)

海底の神秘を目撃する!「ダイビングサービスMARLIN」

1:10m ほどの直線の溝は「水路」のよう。2:切り出されたような直角の巨石。3:平面の岩がいくつも積み重なって構成されている「メインテラス」。4:「柱穴」と呼ばれる巨大な円形の穴

与那国島の海底遺跡とは、与那国島の南、新川鼻沖で発見された巨石の構造物。階段や水路、門など人造物のように見えることから「海底遺跡」と呼ばれています。
【DATA】
●ダイビングサービス マーリン
住所:八重山郡与那国町字与那国4652-1
電話:0980-87-3365
営業時間:8時30分~2時(無休)
料金:ファンダイビング1ボート ¥6,500

カジキ料理ならこちら!「居酒屋 まるてぃ」

1:カジキのユッケ。2:ハラゴの刺身。身の締まったカジキの中で最も脂がのっています。3:カジキの中身のチャンプルー。下ゆでした内臓を野菜とともにいただきます。水揚げによって提供できない場合があるので問い合わせをした方が良いでしょう。

漁港近くにある居酒屋。カジキ料理の種類が豊富で、刺身から炒め物、揚げ物、煮物などさまざまな味わいが楽しめます。新鮮なカジキを求めて、地元の人も多く訪れます。観光客も交えて毎夜賑わっている人気店。

【DATA】
●いざかや まるてぃ
住所:八重山郡与那国町字与那国久部良4022-21
電話:0980-87-2550
営業時間:18〜23時 ※22時L.O.
定休日:日曜

出合えたらうれしい裏メニュー「ビヤガーデン国境」

左:大トロの部分を使ったカジキのさしみはて。右:ひとみちゃんはコラーゲンたっぷり

こちらの自慢は久部良港に水揚げされる新鮮な魚を使った料理。特に、カジキの目玉をマース煮にした「ひとみちゃん」は、新鮮なものが入ったときだけの裏メニュー。

【DATA】
●ビヤガーデン はて
住所:八重山郡与那国町字与那国22-4
電話:0980-87-3255
営業時間:11時30分〜13時30分、18時30分〜23時 ※ともに60分前L.O.
定休日:木曜、日曜ランチ

豚骨ベースなのに後味すっきり!「わかなそば」

わかなそば(小、並、大盛あり)。庭のフクギの下には、風が気持ちいいゴザの席もあります

こちらのそばと八重山そばとの大きな違いは、ちぢれ麺ではなく地元「前盛そば」のストレート麺を使っていること。あっさり系の豚骨ベースのスープに軟らかな豚肉も美味。食事メニューは、「わかなそば」ただひとつ! 庭で食べても店内で食べてもよし。

【DATA】
●わかなそば
住所:八重山郡与那国町字与那国3083
電話:0980-87-3338
営業時間:11時30分〜14時
定休日:火曜、不定休あり

※この情報は2017年3月現在のものです。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

Share

Profile

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load