Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style

鎌倉観光しながら素敵な写真を撮りたい!鎌倉・江ノ島の絶景スポット10選

鎌倉を満喫するなら、美しい自然の中でハイキングしたり、キラキラ輝く朝日を見ながら早朝ランを楽しんだり……。そんなアクティブな楽しみ方に加えて、今回おすすめしたいのが鎌倉の絶景観光スポット。幻想的な竹林が人気の「報国寺」や40種類以上の紫陽花が楽しめる「長谷寺」など、鎌倉にはインスタ映えするさまざまな絶景スポットがあります。江ノ島の絶景スポットも紹介するので、鎌倉散策と合わせてを楽しんでみて。

1.鎌倉観光で美しい竹林に心洗われるなら「報国寺」

まず最初の絶景スポットは、美しい竹林で知られ、「竹の寺」とも称される鎌倉の名刹・報国寺。南北朝時代に建てられた本堂や枯山水の庭など見どころが多いですが、約2千本の孟宗竹が年間を通して青々と茂る「竹の庭」は格別です。柔らかな陽の光を浴び、爽やかな空気を感じながら緑の下を歩けば、いつしか心がほぐれ、癒されるのを感じるはず。

さらに竹林の奥にある「休耕庵」でお抹茶とお菓子をいただけば、さらに充実した1日になること間違いなしです。

【DATA】
報国寺
住所:鎌倉市浄明寺2-7-4
電話:0467-22-0762
拝観時間:9:00~16:00
拝観料:300円、抹茶(お菓子付き)600円

2.写真に収めたい鎌倉観光の名所「明月院」

起源は1160年創建の明月庵。その後、鎌倉幕府8代執権の北条時宗が最明寺を前身として禅興寺を創建し、その塔頭(子院)として明月院と改められました。通常は立ち入れない後庭園の絶景を眺められる本堂の丸窓は、明月院屈指の見どころ。丸(円)は悟りの象徴とされていることから「悟りの窓」の名で知られ、見る者を禅の世界へと誘います。

もうひとつ、忘れてはならない見どころは紫陽花。鎌倉石の参道脇を青く染める紫陽花は例年6月10日~6月末あたりが見頃で、シーズン中は人々が列をなすほどの大盛況に。階段下からカメラをかまえれば、美しい紫陽花の絶景を撮影できます。

【DATA】
明月院(めいげついん)
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189
電話:0467-24-3437
拝観時間:9:00~16:00、6月は8:30~17:00
拝観料:高校生以上:500円、小中学生:300円

3.鎌倉観光の定番!『雲龍図』に息を呑む「建長寺」

次は臨済宗建長寺派の大本山で、鎌倉五山第一位の格式を誇る建長寺(巨福山建長興国禅寺)。1253年に鎌倉幕府5代執権の北条時頼が建立した、日本最古の禅の専門寺院です。国の史跡に指定されている広大な境内に足を踏み入れると、そびえ立つ大きな三門(山門)に目を奪われます。壮大な伽藍の入り口にふさわしい重厚な佇まいは見応え十分。

法堂に入って天井を見上げれば、迫力満点の『雲龍図』が。鎌倉に住んでいた日本画家、小泉淳作氏の描いたもので、その力強い筆致は圧巻の一言!さらに開山の蘭渓道隆作といわれる方丈庭園は、禅の心を視覚で楽しめます。草書体の「心」の字をかたどった「心字池」を眺めながら、しばし心を静めてみては?

【DATA】
建長寺(けんちょうじ)
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内8
電話:0467-22-0981
営業時間:8:30~16:30
拝観料:大人(高校生以上)500円、 小人(小中学生)200円

4.鎌倉観光中に自然を散策しながら堪能「長谷寺」

自然の絶景を堪能したいならここ「長谷寺」へ。特に紫陽花の時期には、眺望散策路を埋め尽くす約2,500株のあじさいを見ることができます。長谷寺のあじさいは、40種類以上と品種が豊富なのも特長。そのため開花が少しずつずれ、長い間楽しめるのもうれしいポイントです。

境内はふたつの池の回遊式庭園となっており、自然を散策しながら仏像が祀られたお堂を見て回ることができます。さらに奥へ進むと、海と街並みが一望できる見晴台も。時間をかけて散策したいあじさいのスポットです。また高さ9.18mの日本最大級の木彫仏、十一面観世音菩薩像が祀られている「観音堂」も必見。独特の姿をしており、「長谷寺式」と呼ばれています。

【DATA】
長谷寺(はせでら)
住所:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
電話:0467-22-6300
拝観時間:8:00~17:00 ※10~2月 ~16:30
拝観料:大人400円、小学生200円

5.鎌倉観光・最強のパワースポット「鶴岡八幡宮」

次は鎌倉観光に外せない名所「鶴岡八幡宮」へ。1063(康平6)年、源頼義公が八幡宮を由比ヶ浜近辺に祀ったのがはじまりで、1191年に上下両宮が現在の地に整えられました。三の鳥居を抜けると、静御前が舞を納めた若宮廻廊跡に建つ舞殿、大石段を上った奥にある本宮など、時を超えていまに伝わる建造物が点在します。

全国にその名を轟かせる鎌倉の最強パワースポット鶴岡八幡宮。東の源氏池(げんぺいいけ)は島が3つ(=産)、西の平家池は島が4つ(=死)それぞれの栄枯盛衰を表しているといわれています。春は桜、夏はハスの花が見頃で、写真スポットとしても人気です。

【DATA】
鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話:0467-22-0315
営業時間:6:00〜21:00(10〜3月)、5:00〜21:00(4〜9月)

6.鎌倉観光中に寄りたい、絶景カフェ「ヨリドコロ」

鎌倉の絶景は自然のなかだけではありません。干物とコーヒーをウリにしたカフェ「ヨリドコロ」では、江ノ電をすごく間近で見ることができます。電車好きにはたまりません!

カフェのテーマは「鎌倉の日常を旅する」。非日常を求めて旅にきた人々に、ごく当たり前の鎌倉の日常を体験してほしいとの思いが込められています。また、オーナーの実家が干物専門店ということもあり、常時新鮮な干物を提供。コーヒーにもこだわり、稲村ガ崎にあるツバメコーヒー焙煎所の豆を使用しています。気になるランチの干物定食は、鯵、えぼ鯛、塩鯖などの干物に、日替わり小鉢2品、ご飯(白米 or 十穀米)、麦味噌をブレンドした味噌汁など。観光の合間に、地元の食材をたっぷり使ったおいしい和食を召し上がれ♪

【DATA】
ヨリドコロ(よりどころ)
住所:神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16
電話:0467-40-5737
営業時間:7:00~18:00(年中無休)

7.絶景「江の島ホテル」で、江ノ島観光疲れを癒そう!

江ノ島の絶景でまず紹介したいのが、この「江の島アイランドスパ」。天然温泉やスパ、プールが絶景とともに楽しめる複合施設です。レストラン、リラクゼーションルームやトリートメントエリアなども用意されていて、日ごろ頑張って働くアクティブ女子にはぴったりの場所。

癒しはもちろんですが、注目はなんといっても湘南の海や雄大な富士山が望める「露天プール」。サンセット時の水平線の眺めは、言うことなし! 他にも外の景色をたっぷりと楽しめる「富士海湯」や、ジャグジーや気泡泉が楽しめる「洗芯泉」エリア、解放感あふれる吹き抜けや空から差し込む光によって照らされたハイビスカスが美しい「天陽泉」エリアも必見です。

【DATA】
江の島ホテル(えのしまホテル)
住所:神奈川県藤沢市江の島2-1-6
電話:0466-29-0668
営業時間:7:00~21:00(最終入館受付 20:00)
定休日:無休

8.江ノ島観光のインスタ映えスポット「新江ノ島水族館」

次は相模湾に面し、右手には富士山、左手には江の島を望むことができる絶好のロケーションに建てられた水族館「新江ノ島水族館」。コンセプトは“わくわくドキドキ冒険水族館”。訪れるたびに海の神秘や生物の不思議に出会えます。

館内最大の水槽「相模湾大水槽」。圧巻のマイワシの大群や巨大なエイなど、気持ちよさそうに泳ぐ海の生き物は思わず写真に撮りたくなるほど幻想的です。

【DATA】
新江ノ島水族館(しんえのしますいぞくかん)
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
電話:0466-29-9960
営業時間:9:00〜17:00 ※季節によって異なる
定休日:無休 ※施設点検などによる臨時休館あり

9.江ノ島観光の絶景はここ「江の島シーキャンドル」

すがすがしい気分になりたいなら、気持ちのいい青空と海を一望できる絶景スポット「江の島シーキャンドル」へ。晴れた日の展望室からは富士山も望めるので、写真に収めるには絶好のスポット。

展望灯台セット券は、江の島エスカー、江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドルの利用が付いていてお得です。360度の絶景が広がる展望台まではエレベーターで。下りは階段を利用してもOKなので、ちょっとしたエクササイズにも◎。

【DATA】
江の島シーキャンドル(えのしましーきゃんどる)
住所:神奈川県藤沢市江の島2-3-28
電話:0466-23-2444
営業時間:9:00〜20:00 ※最終入場19:30
定休日:無休

10.カップルで♡江ノ島観光の名所「恋人の丘 龍恋の鐘」

最後は恋人たちのパワースポットとして知られている「恋人の丘」。ここには、二人一緒に鐘を鳴らすと永遠の愛を約束できるという龍恋の鐘があります。愛を誓う南京錠がびっしり。

江の島岩屋に向かう途中の、見晴らしのいい場所にあります。晴れた日には伊豆大島が望めるなど、絶景デートスポットとしても人気。二人仲良く鐘を鳴らしてみては?

【DATA】
恋人の丘 龍恋の鐘(こいびとのおか りゅうれんのかね)
住所:神奈川県藤沢市江の島2-5
電話:0466-22-4141(藤沢市観光センター)

いかがでしたでしょうか? 他にも自然に癒されるパワースポットや、鎌倉観光におすすめの食べ歩きグルメなど、鎌倉・江ノ島には見所がたくさんあります。ぜひあなただけのプランを考えてみてください♪

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load