Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

小浜島の癒しスポット10選!マングローブ海岸やロケ地巡りなどおすすめポイント紹介

石垣島と西表島の間に位置する小浜島は、面積約7.8平方km、外周約16.6kmの、“のどか”という言葉がぴったりの小さな島。自転車なら2時間程度で1周できてしまいます。景色を見ながらぶらぶらして、美味しいもの食べてゆる~く過ごしましょう。

空飛ぶマンタが目印「海人公園」

誰が呼んだか、マンタウェイ。小浜島と西表島の間の海域はマンタの通り道とされるダイビングポイントです。目の前に西表島も眺めることのできる広大な海と心地よく流れる海風が日頃の疲れを癒してくれます。透明度抜群の細崎ビーチも近くにあるので寄ってみましょう。

【DATA】
●うみんちゅこうえん
住所:八重山郡竹富町小浜
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

海抜99mの山頂から八重山ビュー!「大岳」

小浜島の最高峰はこちら。約300段の階段の先にあるパノラマ展望台です。視界いっぱいに広がる青と緑のコントラストにうっとりため息。サトウキビ畑が広がる島の全容もわかります。晴天の日には、コバルトブルーの海に点在する八重山7島の姿も望められ、海の表情も変化していき、時の経つのを忘れてしまいます。

【DATA】
●うふだき
住所:八重山郡竹富町小浜
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

島の新たな展望スポット「カトレ展望台」

駐車場から続く階段を上っていきます。

2013年秋に完成。マングローブ林が広がる石長田海岸や西表島を一望できる展望台です。青と緑の大自然を感じる風景も美しいのですが、最もおすすめしたいのは西表島に日が沈むゆく夕暮れ時。刻一刻と多彩に表情を変える幻想的な風景は見飽きることがありません。

【DATA】
●カトレてんぼうだい
住所:八重山郡竹富町小浜
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

港から歩いてビーチに行こう!「トゥマールビーチ」

港から歩ける場所にあり、木漏れ日のトンネルを抜けた先には自由に訪れることのできる手つかずの美しいビーチが。青い空に白い砂、そして透明度抜群の海がどこまでも続きます。遠浅であるため、“泳ぐ”より、のんびり“お散歩”向き。

【DATA】
●とぅまーるびーち
住所:八重山郡竹富町小浜
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

マングローブ海岸をお散歩「石長田海岸」

海水と淡水が入り混じる場所に形成されるマングローブ林。歩けるのは干潮時

ヤエヤマヒルギが群生するマングローブ林は、干潮時には歩いて散策ができます。よく見ると、石の上のトビハゼや巨大ハサミを振り回し求愛活動中のカニなど、見ていて飽きない生き物と続々遭遇。日本では絶滅危惧種に指定されている貝、キバウミニナも。

【DATA】
●いしながたかいがん
住所:八重山郡竹富町小浜
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

珊瑚の海を縦横無尽に遊ぶワイルドツアー「無人島BBQキャンプ&シュノーケル&幻の島コース」

1・3:約400種ものサンゴが分布するといわれる石西礁湖。2:小浜島の沖合に浮かぶカヤマ島でキャンプ。ディナーは潮風を浴びながらBBQ。ヤシガニなどいろんな無人島の住人にも出合えます

干潮時に現れる幻の島やシュノーケリングで遊ぶ1泊2日ツアーや、満天の星の下で無人島キャンプなどが楽しめます。

【DATA】
住所:八重山郡竹富町小浜(※小浜港より出航)
電話:0980-82-6475(三和トラベル)
期間:4~9月限定
料金:大人1名¥23,000 ※最少催行人数2名、キャンプなし日帰りプラン¥15,500

ドラマ「ちゅらさん」のロケ地「シュガーロード」&「こはぐら荘」

島に点在する、ドラマ『ちゅらさん』ロケ地に、放送から16年近く経つ今もファンがしばしば訪れています。主人公が自転車で走り抜けていたシュガーロードと、赤い瓦屋根が特徴的な民宿こはぐら荘は外せない2大スポット。

【DATA】
住所:八重山郡竹富町小浜(※こはぐら荘)
電話:0980-82-5445(竹富町観光協会)

甘味の強いサトウキビを!「COFFEE HOUSE ヤシの木」

1:キーマカレーなど、多彩なラインナップを誇るカレー。2:黒糖サンデー。3・4:オリジナルグッズも販売している。一番人気の手ぬぐいは全6種

小浜島で唯一の喫茶店。さっぱり味の小浜産黒糖でつくる自家製シロップをたっぷりかける黒糖サンデーは、ともに芸術家のご夫婦が営むこちらの看板メニューです。アイスに、黒糖シロップのほろ苦さがベストマッチ。

【DATA】
●コーヒーハウス ヤシのき
住所:八重山郡竹富町小浜2584
電話:0980-85-3253
営業時間:10時30分〜17時 ※季節変動あり
定休日:木・金曜

滋味深いコース仕立ての島料理「美ら島のめしや さとうきび」

1:干しシイタケの旨み満載のもずくの佃煮。もずくはご主人が潜って採ったもの。2:ジーマミー豆腐の揚げ出し。3:黒糖で炊いたラフテー。4:月桃の葉で巻いた茶巾

6〜7品のおまかせ料理は、一見どれも馴染みの島料理だが食べれば驚き。お造りはその日の朝ご主人が釣り上げたもので、揚げ出しは自家製ジーマミー豆腐を揚げたものと、手間と技が光る逸品揃い。

【DATA】
●ちゅらしまのめしや さとうきび
住所:八重山郡竹富町小浜3225
電話:0980-85-3254 18~22時 ※予約制
定休日:不定

※この情報は2017年3月現在のものです。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load