Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

見逃し厳禁!絶対行きたい石垣島のおすすめ絶景5選!

石垣島にきたら、まずは世界が認めた景色を見に行きましょう!都会では見られない光景を、ゼヒ肌で味わって。

ミシュラン星つきの絶景「川平湾」

少し離れた位置から見る景色には時間を忘れることも。

観光客で連日賑わう「日本百景」のひとつ。なんといっても川平湾の魅力は、世界有数の透明度を誇る海と緑豊かな自然に囲まれた壮大な光景。潮の満ち引きで表情を変える光景は何時間見ていても飽きません。

サンゴも熱帯魚もきれいで思わず泳ぎたくなりますが、湾内は潮の流れが早いため全面遊泳禁止となっているため注意が必要。湾内をひと通り楽しんだ後は夕日の見えるポイントを探し出し、昼の美しさとは異なる神秘的な景色を楽しんでみては。

色とりどりのサンゴ礁やカラフルな熱帯魚を見学したいのならグラスボートが人気。時間帯によっていろいろな表情をみせる。

【DATA】川平湾(かびらわん)

住所:石垣市川平
電話:0980-82-2809(石垣市観光交流協会)

森と共存する天然記念物のヤシ林「米原ヤエヤマヤシ群落」

石垣島と西表島にしか分布しないヤエヤマヤシが、200本ほど群生し、ジャングルの中にいるような感覚にしてくれます。高いものは25mにも達し、羽状複葉の4〜5mにもなる大きな葉をもつのが特徴。珍しい生き物などにも出合えるかも。国指定天然記念物に指定されています。

【DATA】米原ヤエヤマヤシ群落(よねはらヤエヤマヤシぐんらく)

住所:石垣市米原
電話:0980-82-2809(石垣市観光交流協会)

洞窟を抜ければ青い海「伊原間サビチ洞」

3億7000年前に海底隆起で生まれたといわれ、洞窟の先にはエメラルドグリーンの海が待ち構えているという珍しい鍾乳洞。全長約300mの洞窟内は石筍や石柱、サンゴの化石も見ることができます。入り口から海までは約5分。八重山の壷など骨董品も展示。

【DATA】伊原間サビチ洞(いばるまサビチどう)

住所:石垣市伊原間185-44
電話:0980-89-2121
営業時間:9:00〜18:00
定休日:無休

石垣島最北端の岬「平久保崎」

東シナ海を望む景勝地、海の美しさは数ある石垣島の海の中でもトップクラスを誇ります。遊歩道からの風景は、真っ白な灯台と果てしなく広がる水平線が印象的。遮るものがない大パノラマが楽しめます。晴れた日の海に沈む夕日はとてもきれいで、ゆっくりと時間を過ごしたいときはぜひ訪れてみては。

【DATA】平久保崎(ひらくぼさき)

住所:石垣市平久保
電話:0980-82-2809
営業時間:(石垣市観光交流協会)

新鮮ミルクのジェラテリア「石垣島 ミルミル本舗」

その日の朝搾乳した新鮮なミルクや島の太陽をたっぷり浴びて育った食材を使ったジェラートが人気。口溶けのいい冷たさで、気分までさっぱり。風光明媚な丘の上にあるので、目の前に広がるブルーな海を見ながら大胆に芝生に座って、少しドライブの息抜きをしてみるのもいいかも。

スペシャルぜんざい
ジェラート(ハーフ& ハーフ)

【DATA】石垣島 ミルミル本舗(いしがきじま ミルミルほんぽ)

住所:石垣市新川1583-74
電話:0980-87-0885
営業時間:10:00〜日没
定休日:無休

 

※この情報は2017年3月現在のものです。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load