Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

5分でできる!体の機能を活発にするアグニサーラ|“静”の坐位と呼吸を深めるヨガ

アクティブ女子は、何かと忙しい毎日。気が付けば、動きづめで追われてしまっているかも…

そこで、アーユルヴェーダ講師・岡清華さんの指導で「自分自身の内側と向き合う“静”の坐位と呼吸を深めるヨガ」を全7回にわたってお送りしています。止まるという動きを取り入れることで、心や体の内側からあふれ出るエネルギーを手に入れることができます。

岡清華さんが教える“静”の坐位と呼吸を深めるヨガ

日々忙しく動いていると、呼吸が浅くなったり、立ち止まって自分を見つめる時間を失いがちですよね。全7回にわたって紹介するのは、呼吸法やメディテーション(瞑想)、座り体勢を作るためのエクササイズです。継続的、安定的なバイタリティがわいてくるはず。

呼吸法Part.2「アグニサーラ」

第4回は、アグニサーラという呼吸法をご紹介します。息を吐き切った状態で腹筋を前後に動かす呼吸法で、内臓を活性化して身体機能を活発にする効果があります。お腹の調子をよくする効果も期待できるので、是非チャレンジしてみましょう。

アグニサーラ

マットの上に座る姿勢になります。両尻の肉をかき分けて座骨で座り、背骨をまっすぐにして肋骨を軽く締めます。ヒザの上に手を置き、鼻から吸う息で背骨を天井方向に持ちあげましょう。

吐く息で床に手をおろしたら、体をゆっくり倒します。息を止めながらアゴを胸につけて、お腹を下から上に引き上げる動きを繰り返しましょう。息が苦しくなる手前で体を倒して息を吸い、体を起こします。動画では3セット行っています。

終わったら、瞼を閉じたまま、お腹の動きや体の内側の動きを観察。大きく空気を取り込んで、鼻から吐く息で脱力します。最後は胸の前で合掌です。

アグニサーラのポイント

  • 息を止めたまま、お腹を下から上へとギューッと引き上げるイメージです

呼吸で内臓機能と自律神経を活発に

内臓機能を活発にすると、全身の代謝や神経のバランスがとれるようになります。便秘や張りなどのお腹の不調などはもちろん、自律神経の調子を整える効果があります。是非日々の生活に取り入れてみてくださいね。

<モデル&監修>
岡清華

1993年⽣まれ、兵庫県出⾝。ヨガを含む“アーユルヴェーダ” の観点から「⼀⼈⼀⼈が最も輝くベストな⼼⾝を知り、持続可能な⼈⽣をサポートすること」をコンセプトとしたヨガや、⾷を通じたエシカル事業など、多⽅⾯に事業を展開しながらコミュニティを創設。オンライン上での瞑想・ヨガのスタジオ、カウンセリング、ECショップアカデミースクールなど様々な活動を行っている。
MOTHER Web site: https://www.mother-japan.com
Instagram:okasaya

“静”の坐位と呼吸を深めるヨガ
一覧を見る

※動画の無断転用は禁じます。

YouTube公式チャンネルやSNSも!

最新の配信情報を見逃さないように、YouTube公式チャンネルを登録していただくのがおすすめです。YOLO公式SNSではアンケートなども不定期で行っています。ぜひフォローしてくださいね!

YOLO公式チャンネル

YOLO公式Instagram

YOLO公式Facebook

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load