Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

すぐに温まりたい人へ!「ほっとみかんじゅーす」【kumakoの美容薬膳】

テレビ番組やCM、雑誌などで活躍するモデルの熊澤枝里子さん。通称kumakoさんは、15年のモデルとしてのキャリアと、「国際中医薬膳師」という資格を持つ薬膳のプロとしての知識、さらにはピラティスのインストラクターとしての資格も持ち、より健康で美しくあるためのアドバイスを多岐にわたり行っています。そんなkumakoさんのおなじみの連載【kumakoの美容薬膳】。今回は、「ほっとみかんじゅーす」です。

とにかく日本の冬は寒いですね。ここからまたさらに冷え込む時期。ぽかぽか体を温めて、ほっと和らぐ、「ほっとみかんじゅーす」のご紹介です。

温かいジュースってあまりなじみがないかと思いますが、温かさが長続きする「乾燥蒸し生姜」を使ってより温め、力をアップさせています。忘年会シーズン、お正月などで暴飲暴食が続いた胃をいたわりたい時にもオススメです。

乾燥蒸し生姜は市販でも売っていますが、家でも簡単に作れるので試してみてくださいね。乾燥蒸し生姜パウダーの作り方は後でに紹介しています。

すっきり甘い「ほっとみかんじゅーす」

【材料】(2人分)

みかん・・・3個
シナモン・・・少々
生姜パウダー・・・少々
お水・・・味をみてお好みの量を加える
きび糖・・・お好みで

【作り方】
① みかんの皮をむき、ミキサーでつぶす。
② ①を鍋に入れ、生姜パウダー、シナモン、きび糖を加え、弱火にかけ沸騰する直前で火を止め完成!

今回使った食材の効能
みかん
●食欲不振に効く
●胃の調子を整える
●熱による咳に効く
●風邪に効く

シナモン
●激しい冷えに効く
●寒さからくる胃痛に効く
●腹痛に効く

生姜
●寒気を伴う風邪に効く
●寒気を取る
●体を温める
●デトックス効果がある
●冷えによる下痢に効く
●食欲不振に効く

生姜の温め度には順番がある

生姜が体を温めることはよく知られていますが、調理法によりその効果が変わってくることをご存知ですか?

生姜は『生の生姜<乾燥した生姜<蒸して乾燥した生姜』の順となっており、生姜を乾燥させるとジンゲロールという成分の一部が、ショウガオールの成分に変化。またさらに生姜を蒸すことでショウガオールは1.2倍になり、摂取すると体感温度が3~4倍!より大きな冷え性改善効果があると言われています。

乾燥蒸し生姜パウダーの作り方

生姜・・・好きな量を用意
*乾燥すると小さくなり、1/10くらいのサイズになります。

① 生姜を皮つきのまま、薄切りにスライスする。輪切りになるように横に切る(繊維が毛羽立たないようにするため)。

② ①を蒸し器に入れ蒸す。香りが変わって少し甘く濃い香りに変わったら火を止める。

③ ②をザルなどにのせて、天日干しにする。1~2週間ほど乾燥させ、生姜が小さくなったら、ミルなどで細かく挽いて完成!

冷えは万病のもとなので、寒い時期はほっこり体を温めてくださいね。
【kumakoの美容薬膳】
ボテッとした体形をシュッとさせる
https://yolo.style/fo_or190405_005/

造血、冷え取り&デトックス
https://yolo.style/fo_ei190412_004/

生理の不調も整える
https://yolo.style/for_or190419_005/

ノドの調子が悪い時、風邪の引き始めに
https://yolo.style/fo_or190508_004/

体の中の不純物をデトックス
https://yolo.style/fo_or190511_003/

気の巡りを改善して不眠やイライラを解消
https://yolo.style/fo_or190517_003/

イライラ、不眠、精神の不安定…心の不調を解消
https://yolo.style/fo_or190524_001/

梅雨時の不眠やイライラ、気巡りの悪さを解消
https://yolo.style/fo_or190531_005/

気分を上げ、むくみや倦怠感を取り去る
https://yolo.style/fo_or190607_003/

暑苦しい湿気を吹き飛ばし重だるさとさよなら!
https://yolo.style/fo_or190614_005/

作り置きのもう一品で重だるさとむくみを撃退!
https://yolo.style/fo_or190621_005/

その便秘、白菜&春菊で直しましょう!
https://yolo.style/fo_or190628_001/

便秘解消は旬の「とうもろこしご飯」
https://yolo.style/fo_lo190705_005/

夏野菜で水分調整!みんな大好きな「夏野菜カレー」
https://yolo.style/fo_lo190712_003/

定番料理に加えたい「食べるスープ」ガスパチョ
https://yolo.style/fo_lo190719_003/

内臓の疲れと重だるさを吹き飛ばす豆腐ハンバーグ
https://yolo.style/fo_lo190802_003/

スイカとバナナをもっとおいしく健康にするサマージュース
https://yolo.style/fo_lo190809_003/

長芋とジャガイモの元気の出るポタージュ
https://yolo.style/fo_lo190816_003/

体を冷やしすぎずに熱を取る冬瓜のあんかけ煮
https://yolo.style/fo_lo190918_004/

りんごのケーキでうるおい肌に
https://yolo.style/fo_lo190920_003/

疲れた胃を保湿するイチジクとバナナのスムージー
https://yolo.style/fo_lo191025_005/

みんなが好きなアボカドを使ってもう一品
https://yolo.style/fo_lo191101_004/

体を温めほっこりおいしいクリーム煮
https://yolo.style/fo_lo191122_005/

エビはカラダを温める冬にオススメの食材
https://yolo.style/fo_lo191206_003/

簡単でカフェメニューみたいなカボチャのおしるこ
https://yolo.style/fo_lo1912013_003/

「蓮根まんじゅう」で体を温めほっこり
https://yolo.style/fo_lo191220_005/

ライター&レシピ
熊澤枝里子/kumako
レプロエンタテインメント所属。モデル/ピラティスティーチャー/美容薬膳家。18歳の時に雑誌『CanCam』の専属モデルとしてキャリアをスタートさせる。旅番組『旅サラダ』の旅サラダガールとしてレポーターや、CM、舞台など多数出演。モデル業の傍ら、ピラティスインストラクター資格(マシン/マット)と薬膳の資格「国際中医薬膳師」を取得。「よく寝て、よく食べ、よく動く」をモットーに「身体の中と外から健康的に美しく」を心がけている。

写真=藤村のぞみ

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load